高校時代に印象に残った先生_その2

前回の続きです。
前回→高校時代に印象に残った先生_その1

商業科の若い男性の先生

優しい商業科目担当の若い男の先生がいました。
先生がある日ぽろっと、「先生が結婚した時にお祝い
してくれたら、その時の授業、自習にしてもいいな〜」
っと言ったのです。その時は結婚するなんて、思ってなかったので
しょうか?先生は….。
みんな、それを覚えていて、その先生が結婚した情報を聞いた時に
「お祝いしよっか!自習にするって言ってたしね!」
っと、室長が提案しワイワイみんな計画し、花束と、ちょっとした
お祝いの品を用意し拍手でその先生が教室に入ってくる時に迎え、
お祝いしたのです。
とても喜んでくれて「え〜本当にお祝いしてくれたんだ〜、嬉しいわ」
っと言い、「先生、自習にするって言ってましたよね?」
っと室長が聞くと「よし!!自習だ!」っと言って、本当に自習に
なりました。

担任の先生

担任の先生はクラスの生徒が数学の宿題で困っていたり、英語で
困っていると黒板に問題を書いて教えてくれたり、親切でした。
ある寒い冬の日に、パソコン実習室で(実習室にはクーラーがある)
クラスの子が
「寒いから、クーラーの設定温度を高くしてつければ、部屋が
温まるかもしれないからつけてください」
と、頼んだら「え〜、暖かくなるかな〜」っと言いながらクーラー
をつけてくれました。
途端にクーラー近くの子達が、「先生寒い!!!」っと口々に言い始め
ました。先生がまとめとして「クーラーはクーラーだね」っとコメント
していたのが印象的でした。

国語の先生

最後の授業の時に「就職するなら、絶対に男性の多い職場を選びまし
ょう、選択肢も増えますから!」
っと、大真面目に卒業前のみんなに送る言葉として話してくれました。
その時は「先生そんな最後にメッセージ?」っと、思っていましたが
就職してから、「先生の言う事、聞かなかったから、選択肢少なかっ
た」っと実感した私です。

まとめ

歳のせいでしょうか?最近高校生の頃の事を思い出して懐かしむ事が
多くなりました。あの頃若かった先生も、もう定年してしまったりし
ているのかな?っと思うと月日が経つのも早いですね〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする