マツダ RX-9?東京モーターショー2015でスポーツコンセプト

マツダ スポーツコンセプト

昨日、ネットで気になる記事を見つけました。

マツダ、東京モーターショーでスポーツコンセプトを世界初公開
−日本初公開の「マツダ越KOERU」や「ロードスター」のレース仕様車など、計14台を出品−

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、10月30日から11月8日に一般公開される「第44回東京モーターショー」(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)*1において、スポーツカーのコンセプトモデル(以下、マツダスポーツコンセプト)を世界初公開します。また、日本初公開となるクロスオーバーコンセプト「マツダ越KOERU」や、小型オープンスポーツカー「マツダロードスター」のレース仕様車、1967年に発売した「コスモスポーツ」など、計14台を出品します。世界初公開となる「マツダスポーツコンセプト」は、新しさの中にスポーツカーの正統を感じさせる、マツダのスポーツカーの歴史を凝縮させたようなスタイリングを備えたモデルです。

MADZA GLOBAL  HPより

と!記事の写真に、これは?次期RX??と、期待してしまうような形の車のシルエットが…。旦那の今の車はロードスターですが、その前はRX−8(旦那の車の履歴、ロードスターを購入するまで_その1)でした。なので早速、旦那に報告しました。そして気になる一文、”スポーツカーの正統を感じさせる”という文章が気になったので聞いてみました。

正統とは?

私にはさっぱりわからないので、旦那に聞いてみると、その記事の写真を見て「ロングノーズ、ショットデッキは男のロマン。(それが正統….)まさにドライバーだけの空間、ベルトラインが真っ直ぐなんて素敵だ」と言っていました。これを読んでいる車好きの男性はわかるのですよね…。昨晩はノート片手に説明を受けていました。

IMG_2678

要望

「RX-8は走りもデザインも申し分ない車だった。」と旦那は言います。「ただ、1点、燃費が悪いのがな〜」と、旦那はガソリン代を自分の小遣いでまかなっていたので余計そう思うのでしょう。もし、ロータリーエンジンの開発が進むなら、燃費の良いロータリーエンジンの開発を要望したいです。

なんで私が

なんで私がいろいろ考えているかというと、旦那はあと10年後かそこらにまたスポーツカーを買うだろうから、今のうちに色々知識を蓄えておこうと思ってるからです。

最後に

今年の名古屋モーターショー、とても楽しみにしています。モーターショーには毎回行きます。あの華やかな雰囲気は現実の世界を忘れてウキウキした気分になります。旦那の車のことばかり気にしないで、自分の車(9年10万キロ越え)の次の車どうしようか、考える事にします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする