はじめての日本の歴史_小学館版学習まんが、小3でも楽しめます!

小学館版学習まんがのはじめての日本の歴史はタイトル通り小3でも楽しめます。

日本の歴史に興味を持った子、もしくは歴史に触れるのにとても良い漫画です。

なぜ断言しているかというと、うちの子どもが小学3年生で読んでハマった漫画本だからです。

はじめての日本の歴史、本の構成

「はじめての日本の歴史」、大まかに3部構成となってます。

  • まんが
  • なるほどコラム→まんがの合間にあります。大事なことが詳しく書いてあります。(縄文時代と弥生時代の違い、とか)
  • まとめの教室→歴史年表、史跡地図、なるほど図解があり、少し深く掘り進められるようになってます。

どうやら

最近発売したばかりのシリーズ本のようですね。8月頃に1巻を買ったのですが、1巻しか置いてなくて、おかしいな〜と思って、9月に書店に見にいったら3巻まで置いてあって、3巻まで買いました。ネットで調べたら「2015年6月より毎月1〜2冊刊行予定です。」って書いてありますね。

小学館HP

IMG_2789

この本を購入したきっかけ

とある日に、本屋さんで娘に「好きな本を買っていいよ〜」と言って児童書コーナーへ行ったら、まんが日本の歴史が沢山置いてありました。

学研や小学館や集英社など置いてあります。

娘、ジ〜と見てます。

これはいい機会だなと思って

「まんがの日本の歴史、結構面白いよ〜、高学年になると社会で覚えないといけないしね〜」とサラッとすすめてみました。

小3の娘、私が

「これにしときな、これ!」

って強引にお勧めすると多分「嫌」てなりますから、サラリとお得情報(高学年で勉強するから、まんがで覚えといたら楽に覚えられるよ)を盛り込んで勧めてみます。

「じゃあ、これにする〜」

と言って娘は、”小学館版学習まんが_はじめての日本の歴史”を選びました。

「他にも(学研や集英社)あるけど、いいの?」と聞くと「絵が好きだから」と言ってレジに向かいました。確かに他のものと比べると漫画が今っぽい。

小学3年生にはとっつきやすいかもしれません。

さっそく、自宅に帰ってから読んでました。

IMG_2788

そしたら、ハマった!

この1巻がミソかもしれません。

読みやすいし話が面白いので、勉強っていう感じがしません。

あくまで物語を楽しめる、ドラえもんの物語を漫画で見ているような感覚です。

娘はそれからひたすら読み始めました。

どうやらハマったようです。

「日本の時代の移り変わりが面白いんだよね」などと言い始めました。

しめしめ。

私もちらっと読んでみたら、わかりやすい。

図書館にあった!

私の住んでいる地域の近くの図書館に貸出図書としてありました。

探してみる、なければ、図書館に購入リクエストしてみるのも良いかも。

img_7377

まとめ

とにかく、小学3年生でも楽しめる「日本の歴史まんが」としてお勧めです。

娘(小3)の家庭学習で漢字を授業より少し先に進めてます。少し先に予習すると、安心するといって、割と抵抗なく勉強しています。

詳しくはこちらを読んでください

小学3年生の家庭学習にポピー使ってます
娘は小学3年生です。この1学期、家庭学習として宿題と予習をしていきました。最近、予習の成果が出てきたか?テストの点が良くなってきました。 ...

漢字って、ひたすら覚えていかないといけないので、辛い、なのでちょっとしたお楽しみをつける事にしてます。

そのお楽しみに、最近は頑張ったら「はじめての日本の歴史」を買ってます。

IMG_2791

「はじめての日本の歴史」最初の2ページぐらい、絵本の試し読みサイト絵本ナビに載ってました。どんな感じの本か少し雰囲気が少しわかって良いです

その他 4巻から9巻

その他小学生の本関係の記事

小学3年生4年生にオススメの本_やまんばあさんのむかしむかし
毎月の給料日が過ぎた頃、私はいつも近所にある児童書専門店へ行きます。 今回、店長さんがシリーズ物で面白い本をオススメしてくれました。 ...
本をあまり読まない小学1年生女子におすすめの本
娘は本が好きで毎日、隙間時間に本を読んでいます。しかし、小学1年生の一時期、本を読まなくなった時があったので理由を聞いたら「読みたい本がない...
小学生3年生4年生にオススメの本_月刊たくさんのふしぎ
娘(小学3年生)は本を読むのが好きです。でも、面白い本や興味のある本が側にないと段々家で本を読まなくなります。1度、息子が産まれて、しばらく...
小学3年生女子が毎月読んでいる雑誌や漫画や本について
娘は本や雑誌を読むのが好きです。 いろんな本を読みます。 妖怪ウオッチの攻略本は、すっごい読み込んであって付箋も貼ってあって、これが勉強...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする