マラソンタオルの作り方

今日はバイアステープを使わない方法でマラソンタオル(園児から小学1〜2年生用)を作りました。その作り方について説明します。

簡単なマラソンタオルの作り方はこちらです

簡単なマラソンタオルの作り方

マラソンタオルの作り方

用意するもの

  • タオル
  • 紙(首の部分の型紙)
  • 手芸用の目打ち
  • 待ち針
  • ミシン
  • 仕付糸
  • チャコ

手順

首の部分の型紙を作る

10センチの半円を書く

IMG_2918

半円の1センチ上に横線を引きそれに沿って首らしい円を書く

IMG_2919

切ると首の部分の型紙が出来上がり

IMG_2921

次は半分に折ったタオルにしるしをつけます。(幅34センチのタオル)

IMG_2922

IMG_2901

青いしるしの部分を裁断します。

IMG_2902

前の直線の部分を待ち針で1センチ程度に2回曲げて刺します。タオルは裁断したらどんどん生地がほどけてきますので素早く曲げて待ち針を刺すとよいです。

IMG_2904

前の直線部分を両方縫います。

IMG_2905

IMG_2907

前の直線部分が両方縫い終わったら、首の部分を縫います。ここが一番難しいです。半円、カーブの部分を縫いやすいように、5ミリ強、切り込みを入れます。

IMG_2909

IMG_2908

カーブの部分を平らにして、1センチ2回曲げ、待ち針を刺します。

IMG_2910

仕付糸で縫って押さえます。

IMG_2911

待ち針を外して、ミシンで縫います。

IMG_2912

仕付糸を手芸用の目打ちで引っ張ってとります。

IMG_2913

完成です。

IMG_2917

バイアステープ付きマラソンタオルの作り方を知りたい方はこちらをどうぞ

バイアステープ付きマラソンタオルの作り方



マラソンタオルって?

マラソンタオルは汗取りタオルの事です。小学生が耐寒訓練で駆け足をする時に体操服の中に着て、汗をかいたら外すというものです。11月になると小学校で用意してくださいと連絡があります。

その為に作ります。

マラソンタオルの脱着方法については必見!小学生のマラソン練習にマラソンタオル(汗取りパット)の着用を私がおすすめする理由を読んでください。

手作りはどうしても…という人

Amazonでマラソンタオルと同じ形のもの売ってますよ〜。

↓ ↓ ↓

これは前の部分が開いてないので手作りマラソンタオルより脱ぎにくいかもですが、ずれにくいかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする