子どもの床矯正_歯にボタンを付けました

今日は娘の歯にボタンを付けました。

その様子など報告します。

歯にボタン

娘は床矯正を6歳からやっています。

経緯などはこちら

子ども8歳、床矯正をやってます。
娘(8歳)は年長の時から床矯正をやってます。かれこれ3年経ちました。 上の歯、下の歯どちらもやってます。 床矯正 床矯正始める前と...

現在の状況ですが、顎の骨が広がって歯に隙間が出来てきました。

今度は歯の隙間を整えて、犬歯がスムーズに生えて並ぶようにしておく段階に入りました。

IMG_3403

ゴムで歯を中心に寄せるのですが

歯にボタン?ゴム?

ですよね。

こんな感じ

IMG_4074

この上から床矯正を付けます。

IMG_4076

ボタンを付けた費用は

4,350円です。

ゴムの取り扱い

  • ゴムをつけたままご飯を食べても良い
  • ゴムは3日に1回、新しいゴムと交換する

IMG_4073

  • いつまで歯にボタンを付け続けるのかはその子の矯正の状況次第
  • 歯が中心に寄るのは1ヶ月ぐらいで寄るが、外すと戻るので、ゴムはしばらく付けている必要がある

と、お医者さんより説明がありました。

今後、犬歯がどんな状態で生えてくるかでその後の矯正も大きく変わってきそうです。

ちゃんとまっすぐ生えてきてくれるといいのですが、こればっかりはわかりません。

今が一番大事な時かな?と勝手に思っています。

娘の感想や様子

「歯が引っ張られている感じがすごいするけれど、痛くない」

と言っていました。

私は歯にボタンを付けるのは嫌だな〜と思っていたのですが、娘は気にしていない様子。

実際歯にボタンを付けても唇で隠れてそんなに目立ちません。

クラスで矯正をしている子は結構いるらしく、特に珍しい事でもないようです。

私が小学生の頃は矯正している子が少なかったのですが、最近の子は割と矯正している子が多いみたいですね。

矯正治療をお考えなら
矯正歯科の口コミ・医院検索・情報提供サイト『e-矯正歯科.com』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする