タイヤにチェーンを付けました

今日は雪が降り積もったので、出勤する前にタイヤにチェーンを付けました。

付け方は説明しません。(役に立たない…。)

なぜ自分で付けているか?についての話です。

タイヤにチェーン

自分でつけた経緯はかれこれ1年前に遡ります。

1年前も雪が積もりタイヤにチェーンをつけないと走れない状態でした。

出勤前、旦那が私に

「チェーン付けれる?大丈夫?」

と聞かれ

思わず

私 → 「付け方がわからないと、チェーンの外せないとそれも困るから、自分で付けれるようにやるわ」

などと言ってしまったため

旦那 → 「そう?じゃあ、仕事行ってくるわ」

と言って、ジャッキの使い方だけ説明して出勤してしまいました。

旦那が出勤してから、頑張ってチェーンを付けましたが私が使っているチェーンはゴムチェーンです。

取り付けの最後にゴムを金具にひっかけて固定される作業が結構、力がいります。

しまった!旦那に頼めばよかった

後悔しましたが後の祭

かじかむ手でゴムを引っ張るのが辛かった。

で、今年

雪が積もっているのを確認して直ぐに旦那は

旦那 → 「あんたがチェーン、自分で付けれるから助かったわ〜。ちょっと仕事早めに行ってくるわ」

私 → 「……….」

私も1年前に可愛く

「チェーン自分でつけれないから、お願いしていいかな? ありがとうね〜」

な〜んて言ってたら、今年も自分で付けなくてもよかったのにさ。

旦那と私は高校の同級生です

「夫を尊敬してます!」

とか

「主人はとても頼り甲斐があって」

とか

そんな感じでなくて

生活の同志ですよ。

(そんな事、熱く語っているからダメなんですかね〜)

「できないからお願い」

とか言いにくいんです。

話は戻して

さらに私は

色んな事を自分でやってみたい人間なんです。

そして後で後悔します。

掃除や料理はそんなに自分でやってみたいと思わないんですけど、家電の設定とか設置とか取り付けたり、そういう事はやってみたいんです。

やりたいけど、上手でないからいつも後で後悔する

そんな感じですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする