河津桜が満開のなばなの里へ行き、鯉について疑問に思う

なばなの里へ行きました。

IMG_4656

今回、河津桜が満開で一足早い春を満喫しました。

なばなの里リピーターの私ですが(親のおごりで(笑))今回、河津桜を見るのは初めてです。

河津桜の花の色は濃いピンクでとても可愛いですね。

IMG_4661

時間は13時過ぎでした。

なばなの里でお昼ご飯を食べて、良い天気です。

ぶらぶら散歩しました。

子ども達が

「鯉に餌をあげたい」

と餌の自動販売機のところへ行きましたが、売り切れてました。

仕方がないので、子どもと

「鯉は河津桜の花びらを餌と間違えて食べるかな?」

と、言いながら、ひたすら観察していました。

鯉は花びらを食べるか?

結論から言うと、間違えて食べてました。

そして、必ず吐き出してました。

「うげっ、花食べてしまった」

みたいな感じで吐き出します。どんな小さな花びらでも吐き出してました。

どこで、食べ物とそうでないのと区別しているのか?

匂い?

ネットで「鯉 食べ物の見分け方」で検索したら

「身分違いの恋」とか「恋と愛の違い」とか「遊びの恋見分け方」とか出てきました。

そんなのどうでもいい。

子どももいる今、生活に必死だ。

出会いもない、金もない。

春よコイ。

ふざけるのはこの辺にして、探したけど、

「貪欲です」

「なんでも食べます」

「木の枝でも食べます」

「金魚も食べます」

など、鯉はえらい書かれようでした。

実際、なばなの里の鯉は河津桜の花びらは吐き出してましたよ。

春先なのでくだらない事ばかり考えてます。

最後まで読んでくれた人、ありがとうございます。

とにかく、なばなの里の河津桜は綺麗でした。

おすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする