はじめての日本の歴史15巻で完結です

今日は息子のひらがなのドリルを買いに書店へ行きました。

そうしたら書店に到着した時、娘に「はじめての日本の歴史15巻があったら買っていい?」

と言われました。

うっ、また本か…。3日前に本買ったばかりじゃないか、と思ったのですが、

3日前に買った本 たくさんのふしぎ娘(9歳)の本あと2冊は息子4歳の本

IMG_4941 IMG_4942 IMG_4943

「勉強ができる子のお母さんは子どもが読みたいと思った本を惜しげもなく買う」

の呪いが私を襲う。

しかし、その書店にはいつもはじめての日本の歴史が売っていないので、タカをくくって

「いいよ〜売ってたらね〜」

と軽く返事をしたら…

「お母さん、あったよ!」

と嬉しそうな声が

あったんかいな…と心の中で残念に思いながら、購入しました。

はじめての日本の歴史は15巻で完結です。

15巻は総集編のような感じで、クイズなどがあって、今までの日本の歴史を読み返しながら楽しく読んでました。

今日は息子のひらがなドリルと娘の小4算数の教科書ワーク(ポピー予習の補填として)とまんが日本の歴史を買いました。

IMG_4944 IMG_4945 IMG_4946

あ〜また本、買っちゃったよな〜

と、思いながら自宅へ帰るとポストに娘宛の封筒が入ってました。

宛先は実家の母親

バリッと中身を娘が開けると

図書カード三千円分

なんとナイスなタイミングで図書カード

本気で嬉しい。

ありがとうございます。

さっそく

「これはお母さんが預かってあなたが本買う時に使うからね!」

と私の財布に入れたのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする