息子が夕方に「耳が痛い」と言い出し慌てて病院へ行きました

耳が痛いは要注意

子どもが鼻水が出ている時に「耳が痛い」と言いだしたら要注意

中耳炎かもしれないからです。

娘の勉強を見ながら洗濯物を畳んでいた夕方17時30分、「耳が痛い」と鼻水ダラダラの息子が言い出しました。

勉強中の娘が「中耳炎かもよ」と一言ズバリ

行きつけの病院の診察受付時間は6時まで

行きつけの病院へ行くのに車で20分ほど…でも帰宅時間で道路状況を考えるとギリギリ間に合うかどうか…

悩んでいる暇もない。

2分で考えて行く事にしました。

病院へ

で、やはり道路が混んでいて病院についたら18時ぴったりでしたが診察受付してくれました。

中耳炎かどうか、見てもらいました。

「喉が赤いので耳が痛いのと勘違いして言ったのだと思います」

とお医者さんからお話がありました。

中耳炎だったら、耳鼻科へ行き治療してもらう事になるのですが、長い期間、通院しないといけません。

一度子どもが中耳炎にかかると私も警戒して、鼻水が出て熱が出ていたらすぐに耳鼻科行っていた時がありましたが、その際に耳鼻科のお医者さんから

「最初に小児科で診察してもらってください」

と注意され、やはり子どもの病気は小児科へかかってから耳鼻科など行くのだなと勉強したのでした。

うちの子どもの場合「喉が赤い」は後ほど熱が出る可能性大です。

病院から帰ってから夕飯の支度などしていると自分の休む時間など無い

そうなんですよね。

病院へ行くと1時間以上時間がかかるので、それから夕飯作って食べて片付けて→お風呂→寝るまで持って行くのに必死で休む時間がなくなって、今日はちょっと疲れました。

気分転換にYoutubeで洋楽を聴いたら。

ちょっと気分転換できました

疲れている場合ではない。

もっとやれる、もっと効率良くできるハズ。

気持ちで負けていてはいけないし

自由な時間などあってないようなもので、こうしてブログを書いている時間が取れるなら儲けもんで

子どもが何事もなく過ごしてくれているんだからありがたい事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする