中日新聞の発言テーマ「夫よ妻よ」を読んだ夫が私に…

旦那が子どもが寝たあと、真面目な顔をして私のところにやってきた。

何?

と思ったら小話を一つしてきました。

中日新聞の発言「夫よ妻よ」で、

夫が妻が亡くなった後、きちんと一人暮らしができるのは小言の多かった妻のおかげだと、妻の言いつけ通りしっかり生活していて妻に感謝する、という内容の記事が投稿されているのですが、その内容を読み上げつつなんだか誇らしげ…

はじめは

いや〜私、生活に口うるさかった?え?でも感謝してるって事か?

な〜んてニヤニヤして聞いていましたが….

あれ?旦那の勝ち誇った表情は違う…

これはもしかして

「口うるさい小言の多い俺に感謝しろっ」

て事か?とハッと気がつき確認すると

「それは自分で判断しましょう」

と回答が…

今日、私と一緒に夫が洗濯物を畳んでいました。

私がタオルをたたんでいたら、隣で、何にも言わずに静か〜に私のたたんだタオルを全部、すべて、畳み直していたので(畳んで置いたらスライド式に直ぐ畳み直していたのを発見した)文句を言ったわけですよ

それに対する、遠回しの抗議?反論?

よくわからないんですけどね〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする