ルンバ紛争

ルンバ

我が家にはルンバがあるのです。
ルンバ

IMG_5503

2人目の子どもが生まれて、パートに出るときに「頑張れよ」と、自分自身にエールを送り、自分の家事軽減のために購入したものです。

ルンバは非常に楽でした。

仕事から帰ってきて床を見たらピカピカ

使い続けていると、家具に積もるホコリも少なくなりました。

ルンバすごい!

そう思っていました。

しかし、ルンバを使うにはちょっとした面倒臭い事があります。

それは。。。

ルンバをかける前に床に物を置かないようにする事。

で、床にポイポイ物を置きっぱなしにしていた私の生活はちょっと変わったのです。(ちょっとがミソ)

ルンバをかけ終わった後ゴミの入っているボックスを除くと、毎日「どこにそんなホコリあった?」っていうぐらい沢山ホコリが入っています。

そのルンバのコミ箱に入ったホコリをもう一つの掃除機で吸って綺麗にしたり、ルンバのブラシをすったり掃除するのです。

ルンバを掃除するための掃除機…。

掃除機を掃除するための掃除機…。

(ルンバを購入しても掃除機は必要なので捨ててはいけませんよ。)

ところが!そんなルンバ生活をしていたのですが、突然ルンバとお別れすることになったのです。

ルンバとお別れ

綺麗好きな旦那はルンバを週末、旦那の部屋に入れて掃除していました。

ルンバをとても気に入って大事にしていました。

そして、とうとう旦那がルンバを自分の部屋へ持って行ってしまったのです。

旦那が持って行った

なぜ持って行ったかというと、ルンバが子どものこぼしたトマトの破片?を吸ってしまい、ルンバのゴミ箱にトマトが入っていたのを旦那が発見してしまったのです!!!!!!

旦那は綺麗好きで家電、車、コンセント(コードを引っ張って抜くな)の取り扱いにうるさく、トマトなんかルンバに入っているのを見て発狂したわけです。

「子どもが小さいうちはルンバ、俺の部屋で預かっておく」

そう言い渡され、ルンバは旦那の部屋で過ごし、働くことになったのです。

ルンバ自身は胸をなで下ろしているかもしれません。

トマトなど吸いたくなかったでしょうからね。

でも、私は「え〜」っとブーイングですが、ルンバが壊れてもな〜、と渋々旦那の部屋に送り出したのです。

それからかれこれ4年

子どもも大きくなりました。

トマトをこぼせば子どもも自分で拭きます。

「もう、大丈夫だからそろそろルンバ返して〜

と、旦那に言うのですが返してくれません。

我が家で….ルンバ紛争が勃発しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする