自分の子ども(小学生)がポケモンGOをやっていて思う事

子どもがポケモンGOをやる時は私の完全監視のもとやっています

私の子ども(小学4年生)はポケモンGOで遊ぶ時がありますが、私の完全監視のもとやってます。

まず、私のポケモンGOのプレイ環境

  • ipodtouch(第6世代)
  • wifiルーター

IMG_6044

です。

関連記事

ポケモンGOをiPod touchでやってみた
ポケモンGOはiPod touchでやれるのか? 実際にやってみました。 私の環境 iPod touch  第6世代 ...

私が「やっていいよ」といった時のみやってます。

「やっていいよ」という時は

  • 自分が運転していて子どもが後部座席に乗っている時
  • ポケスポットの公園など

これだけです。

車で移動中、後部座席に座っている時にポケモンGOで遊んでいることがほとんどです。渋滞中は助かってます。

渋滞中は「卵が孵化する」と喜んでます。

小学生がポケモンGOをやるのは、そばで見ていて思うに親の監視のもと遊ばせないと遊ばせるのは危険かなと思います。

ポケモンGOで遊んでいる時、うちの子どもは全く周りを見てませんから…

これはちょっと子ども(小学生)だけでポケモンGOで遊ぶなんて無理だわと…

ポケモンGOをやって良かったと思うこと

ゲームでもDSでも、なんでも禁止するのではなく一緒にやってみる事も大事だと思うのですよ。

ゲームなどなんでも時間を決めて、ほどほどにすれば、”そればっかり”な状態にはならないと思います。

子どもが自らやりたいと思う事はこちらから「やりなよ〜」と促している時と打って変わって、それはそれは用意周到に段取りしていくのです。

正直、複雑な気持ちになる事もあります…こんなにできるんだったら普段の生活もさぁ〜状態です。

私は別にポケモンGOができなくても困らないので、ポケモンGOをするために特に何も用意しないのです。

忘れても困らないし〜。

この私のやる気のない態度を子どもは見て

「お母さん、wifiルーター持った?車の中で充電できるコードは?このコードいらないの?」

とか危機感を募らせて必死なわけです。

一生懸命ポケモンGOをするための用意を自分で考えて、やるわけですよ。

その段取りしている様を見ていると

「あ、こういう風に、子ども自身でやる気があればできるのだ、このやりたい気持ちと自分で段取りしていこうとやり進めている、これを大事にしたいな」と思うのです。

(この前ipodtouchを落として画面を割った時はそんな気持ちも吹き飛んでましたけど)

と、まぁそれがよかったと思う事ですかね…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする