え?もう?子どもが「ポケモンGO飽きた」と言ってきた

子ども(小学4年生)に

「もう、ポケモンGO飽きた」

と、昨日言われてしまいました。

ポケモンGOに飽きる

何故かというと土曜日に「もう疲れた。もう嫌!」っていう程ポケモンGOをやったからです。

常滑駅をマグロのようにぐるぐるぐるぐると3時間ほど周回し、ポケモンが「もう捕まえるのやめとく」ていうほど出てきて、捕まえて、捕まえて、捕まえて、子ども自身お腹いっぱい状態になってしまったようです。

逆に、続けて欲しい事は「もうちょっとやりたかったのに」で不完全燃焼にしておくほうが続くかもしれませんね。でも、実際は続けて欲しいと思っている事は思う存分、子どもが望む以上にやらせちゃうんですよね、そうすると「もういいわ」になってしまう。

今回の常滑駅でポケモンGOを疲れ果てるまでやったのは旦那がヒートアップして、私の予想をはるかに超えて楽しんでしまい、子どもが疲れて果てて嫌になってしまったという。。。。

常滑駅であんなに沢山ポケモンが出てきてプレイしてたのに、自宅に帰るとポケモンはいつも通りポチポチしか出てこないと、なんだかやってても味気なくて私もなんだかやる気が…

旦那は「常滑駅はお祭りだった」と名言?を残してました。

常滑駅での様子は下記の記事を読んでください

ポケモンGO、常滑駅に行ってみたら沢山ポケモンが出てバグか?と疑いました
前置き 平成28年9月3日現在の話です。 昨日の新聞に「常滑駅にある4箇所のうち1箇所のポケスポットを削除要請した」と載ってましたの...

話が変わりますけど

子どもは「カップラーメンが食べたい」とよく言います。

「カップラーメンばかり食べさせちゃダメだ」と思って、毎月1回カップラーメンを食べる日をもうけてますけど、その毎月1回が不完全燃焼状態らしく、事あるごとに

「カップラーメン食べたい」

と言います。これもとことん”カップラーメン祭り”にしたらカップラーメンが嫌になるのかな?

まぁ、カップラーメン、たまに食べると美味しいですから、そんな無理やり嫌いにさせなくても良いと思いますが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする