セアカゴケグモを生まれて初めて見た話

セアカゴケグモ発見

今日、実家の近所の公園で子供と遊んでいて….

こんな看板を見つけました。

こんな看板を見たとしても、大抵、その注意せねばならないものに遭遇した事なんて、生まれてこの方1度もない!

例えば「マムシ注意」などと書かれた看板を見ても、その場所でマムシに会う事なんて1度もなかった訳です。

ましてや、ひと昔、話題になった ”セアカゴケグモ” なんて遭遇する訳ない

などと思っていましたらば……

公園で遊んでいましたらば……

子どもが

「お母さん、セアカゴケグモがいる」

なんて言うではありませんか!

「ウッソだ〜」

などと言い、余裕で子どもの指差すブランコを支える柱の裏側を覗きましたらば…

たらば……….

こんなものがぁっ

背中に赤い模様ない?

黒くて丸くない?

毒持ってそうじゃない?

看板には「鉛筆の太さぐらい」って書いてありますけど、鉛筆の太さって何よ?小学5年生の子どもの鉛筆を沢山見ていますけど、鉛筆の太さ????このお尻の部分と鉛筆の太さを比べろって事?

まぁ、同じぐらいかな?

思わず「これ、セアカゴケグモじゃない?」って、母親である事を忘れて叫んじゃいましたよ

子どもは「だから言ってるじゃん」と冷静に切り返されましたけど

セアカゴケグモ発見ですね…

看板に ”見つけたら連絡してください” ってあるので、そこへ平日になったら電話します。

恐ろしい現実も発見

そんなこんなで公園でダラダラしていたら…..

恐ろしい事を子どもが言う

「お母さん後ろの髪に白髪が沢山あるよ」

「嘘やろ?」

隣にいた友達にきいたらズバリ

「白髪後ろに沢山あるよ」

と、言う

「前から言っとったやん?」

と、更に言う

子どもも言う

「白髪いっぱいあるよ」

今まで言われても、聞き入れなかったのですが(そんな私ってどうかと思うけど)何故か今日はその事実は真実だと受け入れられる〜(泣)

明日は絶対に美容院へ行って白髪染めする〜

セアカゴケグモと、白髪が沢山ある事実を認める自分 発見(T0T)(T0T)

って、クモも白髪も発見しなくて結構です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする