小学4年生から勉強方法を変えました

私は毎日、毎日、毎日、子どもの勉強を見ています。

これが結構、精神的にしんどいので、もうそろそろ子どもにお任せしたいな〜と思っていた矢先

小学4年生になりました

小学4年生になったら勉強が難しくなってしまい、子どもにお任せどころか、4教科の勉強を効率よく進めるよう考える必要が出てきました。

4月から今まで試行錯誤してきましたが、ちょっと勉強方法が固まってきたので現状を報告します。

現状を報告するだけで決して効果があるかは ? ですけど。

勉強を教えるための心構え

まずこの2週間ほどで心構えを変えました。(最近のことなんですけど)

絶対に怒らない

を心がけています。

イラっとしても淡々と淡々と問題を読み上げて淡々と説明します。目は三角になってますけどね(逆に気味が悪いかもしれません)

小学4年生、勉強方法(自己流ですけど)

教科書ワークポピーを組み合わせて予習してます。

  • 算数  予習 教科書ワーク → 予習 ポピーの問題を解いて理解したか確認
  • 理科  予習 教科書ワーク → 予習 ポピーの問題を解いて理解したか確認
  • 国語  予習 漢字、教科書ワークをコピーして繰り返しやる。予習 読み取り、ポピーの問題を解く
  • 社会  予習 ポピーの問題を解く  都道府県のドリルを毎日少しずつやる

IMG_5517 IMG_5518

教科書ワークを購入する時は学校で使用している教科書対応の教科書ワークを購入してください。

ポピーは無料でお試し見本が取り寄せできます。 → ポピーお試し見本を取り寄せてみる
興味のある方はどうぞ…

復習は宿題だけにしています。(もう復習まで手が回らない。。)

予習でポピーや教科書ワークの文章問題の意味が解っているか?その問題は何を聞いているのか?問題を読み上げながらいちいち確認しています。

  • 向かい合う1組の辺とは?
  • 垂直に交わるとは?
  • 頂点とは?
  • ひし形とは?

正解の答えでも、どうしてこの答えを出したのか時たま理由を聞いています。(なんとなく答えていないか確認 → これ、結構重要…昔の私がなんとなく答えていただけだったので…)

例 電気回路の問題で、スイッチに使う素材はアルミ箔かセロハンテープどちらを使うか?

答え → アルミ   理由 → アルミは電気を通すから

教科書ワークとポピーの組み合わせ、かなり重宝しています

そして、この方法、大体1時間半もやっていたらグダグダになってきます。

そうなったらさっさと切り上げます。

4教科効率よくやっていきたいのですがなかなか上手くいきません。

塾に行った方がいいのでしょうけど、「絶対に塾に行かない」と言い張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする