小学3年生の漢字勉強について

私と小学3年生の娘がやっている漢字勉強について紹介したいと思います。

漢字予習方法

教科書ワーク 漢字を使います。

IMG_4227

子どもが通っている小学校の教科書対応のものを選んでください。

漢字の教科書ワークは書き込むと何度も使えないので書き込みません、問題をコピーして何度も使います。

きほんのワークページを2枚プリントして、書いて漢字自体に慣れてもらい

IMG_4228

IMG_4229

漢字を読めるようにして

IMG_4232

漢字の書き取りのページを4枚印刷して

IMG_4230

ノートに3回ずつ書くのを3日間やってもらい

IMG_4231

印刷した書き取りのページで書き取れるかテストし、間違えたところはノートに3回書く

という事をやってます。

これで、テストまでに覚えきれない事はなくなりました。

私は結構な頻度でお店のコピー機を占領してます。

教科書ワークを頻繁に印刷している人を見たらそれは私かもしれません。

なぜそのような方法をとっているか

漢字でも勉強でもなんでも、結局コツコツやるしかないと思ってます。

小学1年生の時は漢字学習に理想がありました。先取り学習などせず、漢字の知識は横に広げ、縦に積み上げなくてもよい、と思ってたんです。

今でもそうしたいです。

横に広げたいです。

しかし

そんな理想は小学2年生で吹き飛びました。

小学2年生から覚える漢字の数が増えて、授業で習った漢字をテストまでに覚えきれない事が多くなってきました。

このままでは横にも縦にも広がらない。

軌道修正しないといけない。

2年生の冬休みから、2学期に習った漢字を復習しつつ、3学期に習う漢字を先に勉強しておく事にしました。

そして3学期が始まっても、そのまま先に進める事にしました。

しかし、宿題で漢字ドリルがあるのに、また教科書ワークの漢字をすると、うんざり気味になるので少しずつ進めていきます。

そうすると学期末には追いつかれてしまいます。

長期休暇でまた挽回します。

娘はテスト間際に焦って覚えるよりも、先にやっといたほうが安心するという事でやってます。

長期休暇も学童保育へ預けていますが、勉強時間は30分です。

低学年ならそれで十分ですが、3年生からは45分から1時間ぐらい勉強にあてる時間があれば嬉しいな〜と思います。

そうすれば、学期中に習った漢字の復習などしっかりできるのに、と思います。いつも、漢字の書き取りと算数のドリルができるかできないか、ぐらいで終わってしまうので…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする